Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギャップはビジネスのネタになるのか?

金持ち父さんになる男、Oちゃんです

昨夜、会社の社長と夕ご飯を食べていたとき、
自分の元々のお仕事の話になったのですが…
いやー大変でした。

付いて出てくる言葉が
「なんで、わたしに売らせなかったんですが!!」

IT出身の自分がつくったソフトの話になったのですが、
自動巡回と言うことがいたく気に入ったらしく、
妄想が結構広がっていたもよう。

わたしがパソコンをはじめた頃は通信費を抑えるために
だれもが自動化を試みたものです。
niftyサーブ(現在 @nifty)のオンラインサービスは、
ターミナルを利用して情報を引き出すため、
いつも見て回るところは、スクリプトくんでまわって、
回線を切ってからゆっくり見る。そして、書込をしたい場合もやはりまとめて…。

わたしとしては、昔より今の通信費は安くなっているから
あまり自動巡回って需要が無いんじゃないかと思っているんです。
それに、そういうのはごまんと転がっていると言う認識だし、
つくるのに必要なのは、インターネットの検索で目的の情報を引き出せること。

ま、安く提供しちゃってもいいんじゃないかな。

そこで感じたのが、知っている人と知らない人のあいだのギャップ
このギャップが経済にもあるから流通が成り立つんですよね。
江戸時代のみかんの話のように。

あなたはどんなソフトが欲しいですか?
気が向いたらつくっちゃうかもしれませんよ。

トラックバック一覧

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

プロフィール

Oちゃん

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

管理者ページ


FC2Ad

Template by Yuma's FC2ブログテンプレート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。